what a wonderful world

~翻訳 読書 日々のこと~

『カラマーゾフの兄弟』を読み終えて

亀山郁夫訳の『カラマーゾフの兄弟』1~5(光文社古典新訳文庫)読了。
面白かった!20日たらずで一気に読み終える。ドストエフスキーの筆力と
亀山郁夫さんの素晴らしい翻訳が相まった至福の読書体験だった。
5巻巻末の訳者の解題がまた素晴らしく、微に入り細を穿つ解説を読むと、
読み終えたばかりなのに、始めからじっくりと読み返したくなってくる。

第12編の文中に出てきた「ひた走るトロイカ」という表現の的確さと
滑稽さにおもわず声を出して笑ってしまったが、読んでいるあいだは
ずっと、ひた走るトロイカに乗り凍った大地を走っているようだった。

高3のときに『罪と罰』を読んだときは、最初入り込めなかったものの、
途中からぐいぐいひっぱられるよう引き込まれていったが、今回は、
読み始めたとたん1ページ目から魅了され、繰る手が止まらなくなる。

私利私欲、嫉妬、羨望、怨念、殺意、信心、高潔、純真、潔白……
多くの人が抱えるさまざまな感情や性質をつまびらかに描き出し、
むせ返りそうなほどの人間くささにまみれたこの世をひとつの物語に
まとめあげた著者の筆力もさることながら、その物語をテンポよく、
恐らく原書で読むのと変わらぬであろうリズム感で一気に読ませる
亀山郁夫さんの訳がじつに見事で読むことができて本当に良かった。

『死体とFBI』

勉強会でお世話になっている倉田真木先生の最新訳書『死体とFBI』
の一部が、Hayakawa Books & Magazines(β)にて公開されました。

www.hayakawabooks.com

前途有望なFBIの新人捜査官は、なぜ、情報提供者の女性を殺害するに至ったのか。
先生が以前訳された『花殺し月の殺人――インディアン連続怪死事件とFBIの誕生』
もそうですが、読み進めるほどに、実際にこんなことが起きていたなんて…という
息をのむ展開に引き込まれます。
 
『花殺し月の殺人…』と同様に「事実は小説よりも奇なり」を地で行く、
ページを繰る手が止まらなくなる素晴らしいノンフィクション作品です。
ごく一部ですが、下訳に携わりました。多くの人に読まれますように!

ワクチン接種3回目

コロナワクチン3回目接種(モデルナ)から丸3日が経過した。
初のモデルナでかなり不安を感じていたが、蓋を開けてみれば、
これまでで一番軽く済みホッとすると同時に拍子抜けしている。
 
接種後6時間で37.2の熱が出て、接種した左腕に痛みが出たものの、
翌日は接種部分に若干鈍い痛みを感じたほかは熱も出なかったので、
銀行や郵便局に行ったり買い物に行ったり…と、普段通りに過ごす。
おかげで接種翌日の勉強会を休むこともなく、本日提出の課題の
見直しもきちんとできたのは良かった。
 
思い返せば、妊娠時のつわりも、軽いを通り越してほとんどなく、
ベテランの鍼灸師さんからは「針がとても入りやすい」と言われ、
よく当たると評判の占い師さんから手を握って占ってもらったときは
「すごく入りやすい(身体)」だと感心されたことがあったっけ。

ただ、若い人の方が副反応が強く出ると聞くのでまさか体内が
ヨボヨボなのでは…と若干不安になるも、ともあれ無事に終了。
用意したゼリーやアイスの出番はなかったので普通に食べよう。
 
〈備忘録〉
3/22
10:30 ワクチン接種
17:50 37.2 ロキソニン
23:00 36.3 ロキソニン
3/23
10:00 36.3 ロキソニン
3/24
08:30 36.3

卒業式

上の子が高校を卒業した。コロナ禍なので、家族は1名のみ参加、
卒業証書の授与はなく名前を呼ばれてその場で立つ、校歌斉唱はなく
録音した歌を流すなど、例年とは異なっていたものの、無事に終了。

下の子が同じ高校に通っているので、あと2年はお世話になる。
そのせいか、あまり感傷的な気持ちになることはなかったが、
2年後は随分違った気持ちでこの日を迎えることになりそうだ。

終わってホッとして、家に帰って初のガトーショコラに挑戦。
おいしくできた!

f:id:kmr475:20220321213546j:plain

 

 

礼服

礼服を新調した。
娘の入学式用スーツを買いに行ったときに礼服も勧められ、
自分も同じ年くらいの頃に買ってもらったことを思い出す。
店員さんに30年間同じ礼服を着ているといったら驚かれた。
普通は、もっと早くに買い替えるものなのかもしれない。

服装に頓着しないので気づくと数十年同じ服を着ていたりする。
先日、数十年ぶりに結婚式に招待され、さて何を着ていこうと
思ったときに久しぶりに礼服を新調しようかなと思い立った。

これまでの30年間よりも、これからの30年間の方が、
おそらく礼服の出番は多くなるだろうと思ったら、
50歳のいま似合う礼服を買った方がいい気がした。

SALEで半額になっていたパンツスーツをネットで見つけ、
近くの店舗に取り寄せてもらい、今日試着をしに行った。
見た目と違っていたらどうしよう…と思ったが、
着てみたらしっくりきたのでホッとした。
今週末の卒業式にも早速着ていきたい。