言霊の森で しなやかに 言の葉を翻す

翻訳のこと、本のこと、日々感じたことを綴っています

2020年の振り返り【生活の小さな変化編】

1月も半ばになってしまいましたが、2020年の振り返り【生活編】。
コロナ一色の1年間となった2020年、もともと在宅仕事だったので、
生活のリズムに大きな変化はなかったものの小さな変化がいくつか。

まずは豆活を始めたこと。(豆活という言葉があるのかわからないけれど…)
一昨年までインスタントコーヒーを飲んでいたのが、豆を買って
毎日挽いて飲むように。不思議なものでインスタントのときは、
これはこれでおいしいとこだわりがなかったのが、豆にした途端
豆から挽いたコーヒー以外は考えられないように。

ただ、毎日飲むとなるとコストも気になるので、あれこれ
試した結果、いまは無印良品の豆に落ち着いている。

もうひとつの変化は、近所の本屋で本を買うようになったこと。
これまでは、Amazonなどのネット通販を主に利用していたが、
特に急ぐわけではない本は近所で注文して受け取るようにしたら
こぢんまりとした小さな本屋さんで、毎回店番をされている方と
自然と話をするようになり、生活に楽しい時間が加わるように。
なんでも、これまで日本の作家の作品を読むことが多かったのが、
アンソニーホロヴィッツの『カササギ殺人事件』を読んで、
色々読みたくなり、これからマーク・トウェインを読む予定だそう。
そんな話ができる人と、近所で知り合えたことがとても嬉しい。

コロナを機にこれまでの生活を少し見直すいいきっかけに。
落ち着かない日々は続くものの、どちらも続けていきたい。

また、コロナとは関係ないが、生活のリズムの変化がひとつ。
12月にどっと仕事が入り、急激に慌ただしくなったのを機に、
超早起きを再開した。これまで子どものお弁当作りに合わせて
6時半頃に起きていたのを、夜早く寝て、4時から4時半頃に
起きるように。

その昔、在宅翻訳を始める頃や、英検1級を目指していたとき、
まだ子どもも小さく、日中の時間がなかなか取れなくて悩んだ
末、子どもと一緒に早く寝て、朝3時~4時に起きることで
時間を確保した時期があったが、子どもが大きくなるにつれて
次第に寝る時間も遅くなるように…。子どもより早く寝ること
に抵抗もあって、ずるずると夜型になっていたものの、夜は
なかなか頭も働かず、何をするにも能率が良くなかったので、
子どもも大きくなったし…と思いきって一足先に寝ることに。

そのおかげで集中できる時間を多く確保できるようになり、
もっと早く始めれば良かった!と思うも、子どもの成長を
考えると今がちょうど良いタイミングだったのかな、とも。
また、毎日走るようになったのと、早起きをするようになった
ことで、夜のお酒の量が減ったのは思いがけない変化だった。
翌朝の動きを考えたときに「朝しんどいのはイヤだな」と、
自然と次の日のことを考えて飲むようにしたら量が減った。

また、早起きをするため、この時間までには寝る!と決めて
寝るようになったせいか睡眠の質がよく、すっきり目覚める
ようになった。そして、以前はよく昼に仮眠をとったりして
いたのが、超早起きを始めてから昼に寝ることがなくなった。
睡眠、飲酒など、おもわぬ方向に良い効果が波及している
朝活。10数年ぶりの再開となったが、ぜひ続けていきたい。

 

あけましておめでとうございます

今年もどうぞよろしくお願いいたします。

お正月だしゆっくり8時間は寝るつもりが、最近ずっと
6時間睡眠だったせいか、6時間で自然に目が覚める。
起きてまずお雑煮用の鍋に水をはって、昆布をいれて、
洗濯機を回してから3kmのジョギングへ。

12月に週5日平日だけ2km走ると決めて、昨日無事達成。
ジョギングを習慣にしたいと思いつつ、忙しくなると
走れなくなって間が空いてしまうのがストレスだったが、
いっそ毎日の習慣に組み込んでしまえばいいのでは…と
実行してみたらうまくいったので今年も続けていきたい。

今日はあれもしたい、これもしたい…と思っていたが、
結局おせちとお雑煮を準備して、机のまわりを片付けて、
書類を整理してシュレッダーにかけて…とやっているうちに
1日が終わる。それでもゆっくり過ごせたので良かった。

ここ数年、ぜひ読みたい!読まねば!と思いながら
読めていない本を今年こそ読みたいと思ったので、
ここに10冊挙げておく。まだまだあるけどとりあえず。

2021年に読みたい10冊(名前は訳者)

夏への扉小尾芙佐
華氏451度』伊藤典夫
ストーナー東江一紀
『冬の物語』 横山貞子
『一九八四年』高橋和久
『生活の発見』横山啓明・加賀山卓朗
『奥のほそ道』渡辺佐智江
『ファスト&スロー』村井章子
『一杯のおいしい紅茶』小野寺健
アルケミスト』山川紘矢・山川亜希子

f:id:kmr475:20210101182726j:plain

 

 

2020年の振り返り【翻訳学習編】

早いものでもう大晦日
ざっくりと2020年を振り返ってみたいと思います。

【翻訳学習編】

年初の目標は、コンテストやトライアルに積極的に応募することでしたが、
コロナの影響で学校が休みになり、夫の在宅勤務も始まった4月頃以降は
思うように時間を作れなかったり、通常のペースが保てなかったりして、
予定していたことが予定通りに進められない日々が続きました。

それでも何とか応募を続けていたものの、思うような結果が出ないまま
夏を迎えた頃、提出課題をすべて丁寧に見直したところ、思った以上に
文法のつまずきが多いことに気がつきます。

実は文法が弱いということは、翻訳講座の先生から指摘されるなどして
自覚しており、年初にも「今年は文法のやり直しをしよう」と決めて、
途中まで取り組んでいたものの、夏に子ども達がそれぞれ立て続けに
足のヒビ&ねん挫をして1ヶ月以上通院が続くなどして中断していた
のですが、絶対に年内に終わらせよう、と決意して再スタート。

勉強法はこちらを参考にさせていただきました。↓

soonookoo.hatenablog.jp

以前買って手元にあった『ロイヤル英文法問題集』が手元にあったことと、
取り組みやすそうな学習方法にひかれて、文法のやり直しをスタート。

f:id:kmr475:20201231223028j:plain

やりかたはシンプルで、問題集を解きながら間違った問題だけを
ノートに書き出し、自分だけの解説集を作っていくというもの。
スケジュールを作成し、間違えずに解けるまで複数回取り組み、
最終的には、ノート3冊分の解説集が完成しました。

f:id:kmr475:20201231230522j:plain

 

f:id:kmr475:20201231222932j:plain


興味深かったのは、『ロイヤル英文法』では少しわかりにくいと感じた箇所も、
『英文法解説』では詳しく説明されていたこと。逆もまたしかりで、この2冊のおかげで、間違えた文法問題の不明点はほぼ解消することができました。
実は、数十年前に翻訳の勉強を始めた頃に最初に買ったのが『英文法解説』でしたが、
当時、少しわかりにくいと感じたときに『ロイヤル英文法』に出合い、そのわかりやすさに感動して、もっぱら『ロイヤル…』のみを愛用していたのですが、今回ようやく
『英文法解説』の素晴らしさにも気づくことができ、買って良かったと思いました。

この勉強のおかげで、いかに自分が英文法がわかっていなかったかが
可視化できただけでなく、(何しろノート3冊がびっしり埋まるほどに…)
具体的にどこが弱いのかがわかったことが大きな収穫となりました。

また、ここ数年は周囲で出版翻訳デビューされる方が相次ぎ、
自分だけが先に進めていないようなもどかしさを感じることも
多かったのですが、なかなかデビューできないのではなく、
そもそも肝心の基礎が身についていないことがわかり、
とんでもない勘違いをしていたことに気づきました。

それでも今年は、出版翻訳オーディションで初めて一次審査に
残ることができた年でもあるので、文法の勉強を続けながら、
来年は今年以上に力をつけていきたいと思います。

さらに去年から1冊訳す練習を始めて、去年はサリンジャー
ライ麦畑でつかまえて』を7カ月ほどかけて訳しましたが、
今年は、昨年末に自主リーディング用に購入した”Atomic Habit”を
9月半ばから12月末まで、約3カ月半かけて訳しました。
とはいえ、上記に見直しの時間は含まれないため、実際には
もっとスピードを上げなくてはいけませんが、それでも
期間を決めて1冊訳したことは、大変勉強になりました。
最終日に18枚訳せたことも今後の自信につながりました。

f:id:kmr475:20201231223638j:plain
来年も同様の勉強を続けながら、一歩踏み出せるよう頑張りたいと思います。

-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+
100冊読書project_100冊!/100冊

 

師走

12月に入ってからずっとバタバタしていて気づけば今年も残りあと10日。
先週末は翻訳の勉強会×忘年会×講座と3つのオンラインイベントに参加。
どの集まりも大変勉強になるとともに、自分の現状やこれからのことなど
いろいろ考えるいい機会に。

今年中に終わらせたいことがいくつもあり、毎日が飛ぶように過ぎていく。
晦日にはようやくホッと一息ついている自分をイメージして乗りきろう。

 

-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+
100冊読書project_88冊/100冊